ps3のJOYSOUNDカラオケの遅延対策したい、その2

ps3のJOYSOUNDカラオケの遅延対策したい、ということでパーツが揃ったので組み立ててみた
図としてはざっくりとこんな感じ
画像

で、分配をLRで分けようと思っていたが、100円ショップ行ったら適当な分配器があったので下記を取り付けてみた
ミキサーの入力は6.35mmのプラグなので変換プラグを別途購入
画像
こんなんで良いのだろうか?と思ったが結論からすると良かった
それからミキサー部分
画像

これは4200円程で買えて安くて良かった。性能も悪くない
それからUSBの音声入力は既存のソニーのマイクについていた物を流用(ECM-PCV80U

とりあえずこんな感じでやってみたら遅延0になって良かった

それからJOYSOUNDの設定としてはマイク出力音量0にしてみた。それでも入力があるので点数は出る。ちなみに音量を上げてみるとハウリングを起こしてしまい使い物にならなかった。

それから現在別のアンプと別のスピーカーで出しているが低音がそんなに出ないのでせっかく買ったウーファーを使おうと思って出力を見るとミキサーのtape出力から出せそうだったのでそこから取ってみたらうまく出力できたのでそんな感じで使おうと思う

また問題点はワイヤレスマイクにエコーが付いていてエコーの付いた音がPS3の採点に入ってしまうのできちんとした採点をしたい場合はエコーをオフにするか、エコーを付けたい場合はミキサーに入る手前にエコーの機械を入れる等しないといけないが、とりあえず家庭用でざっくりと使う感じなのでこんなもんで良いと思う


とりあえず掛かった費用計算
Hosa CPR-202 2m モノラルフォン×2-RCAピン×2 オーディオケーブル、734円×2個
BEHRINGER ミキサー XENYX 502、4298円
Excelvan Bluetooth カラオケセット 家庭用 2CH ワイヤレス マイクロフォン 2本付き 6980円
Blupow DACデジタル(光&同軸)→アナログ(RCA) オーディオ変換器 変換コネクター 2000円

という事で遅延を無くす為に掛かった費用としてざっと15000円程。まぁワイヤレスマイク2本になったので遅延無くすだけでは無いが、安くカラオケ導入しようと思いきや、徐々に目的と手段が変わってきたような気も、とりあえず次のカスタマイズはモニタのプロジェクター出力かなと、また金掛かるな


BEHRINGER ミキサー XENYX 502
BEHRINGER

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BEHRINGER ミキサー XENYX 502 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック