ipv6ドハマリ備忘録

ネットを見てるとipv6使うと速くなるということで早速契約しているBBエキサイトで2ヶ月お試しやっていたのでやってみた。ここからハマるとはこのとき知る由もなかった

さっそく軽い気持ちでBBエキサイトのお試しボタンを押すと10分後位にメールで完了しましたとか出ていたのでipv6になっているか試せるサイトがあったので試してみるとipv4との事、
いろいろと調べるとPCの方のイーサーネットアダプタ設定がipv6のチェックが抜けていたのでチェックをすると先程のチェックサイトでipv6で接続されていますとの事で、こんな簡単になるんだったら速くやっとけばよかったと思ったが、いろいろ見てみると現在のプラン+700円余分にかかるらしい。でもds-lite機能の付いたルーターを入れれば現在のプランを解約して700円で運用できるということだったので慌ててdsliteの最安と思われるPA-WG1200HS3(アマゾンで5000円ほど)を買って取り付けてみたが、そもそもどういう仕組みでipv6と繋ぐのか分からなかったがこの時、個人的な認識としてはipv6はルーターの2次側に繋げば自動でつないでくれる(レビューでもそう書いてあった)と思ったのでルーターモードでwifiを適当に設定して、その後ブリッジモードにして2次側に今までのネットワークが乗っかってれば良いのかなと思ったが、そう甘くはなかった

一応この状態でipv6につながっているのでしばらく使っていたがou(PR-S300NE)がルーターになっていて、そういえば現在使っている500円プラン切らないとと思ってipv4に設定されているプロバイダを切断すると、ネットワークが繋がらなくなってしまった

ということは、要はプロバイダ側で自動でipv6に変換されている感じで現在のプロバイダを切ると繋がらなくなってしまう。なので現在dsliteとして使っていると思っていた機能は使われていなかった事になる。
で、調べてみるとやはりPR-S300NEのルーター機能を切って、WG1200HS3からPPPoE接続設定しないといけないらしく、そもそもPR-S300NEのルーター機能切った事が無いが切るとどうなるかぐぐってみるとひかり電話が使えなくなるらしい。これは困る

じゃあWG1200HS3買っちゃったけどどうすれば良いのだろう?と思ったが、最悪アクセスポイントとして活用する位しか、もう道は残っていない・・・オワタ

そもそもipv6で速くなったかどうか実は微妙でそもそも常時300Mbps以上は田舎のせいか出ているので動画等困った事が無いが、ipv6に対応しているサイトが少ない事にびっくりした。うちとしてはyoutubeは、まぁ対応していたが、それ以上に見るamazonビデオが対応していないのが痛い。まぁ遅かった事ないから良いけど、追加してお金払って余分な速度が必要かどうかというと要らないような気もしてきた

それから今回docomoの新プランでドコモ光に乗り換えるとmvnoとほぼ変わらないかポイント入れると若干安くなるのでそっちも検討しており、今回のipv6プランは失敗に終わったような気もしてきた

ということで、とりあえず動画視聴が遅く感じたら別プランで700円余分に払えば使えるよーということになるが、ちょっと時代が早かったようだ・・・


追記
今日日中各プロバイダ、機器メーカーに連絡して設定したらつながるようになった
結論的にはPR-S300NEのPPPoEのipv4とipv6の接続を切ってPPPランプが消灯したことを確認したら
WG1200HS3をルーターモードにしてあげれば大丈夫だった
ルーター機能が安いからちょっと心配だが、しばらく様子を見てみたいと思う






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック