ipv6が遅い件

先日ipv6に切り替えた訳だが以前夜でも50M出ていたが現在は20Mとかまで落ちていてなんでそうなったか検討中

まずipv6は主に2種類あってMAP-E(V6プラス)とtransix(DS-Lite)があるわけだが、いろいろと見てみるとどうやらプラスの方が仕組み的に混雑しないらしいがルーターに負荷がかかるので安いルーターだと遅くなるらしい
それからレビューをみると安価のルーターだと不安定で毎日再起動しないととか書いてあった


現状うちはtransix(DS-Lite)なので負荷はあまり無いがルーターが最安のAterm WG1200HS3なのでそこがネックなのかなとも思っている、ipv6のルーターだとパケットを暗号化したりipv4に変換したりするらしく(多分)そこそこ負荷がかかるのでいずれにしても現状のルーターをそこそこの物に変えないと駄目かなと思ってそこそこの物を購入する事にしてみた

最初にやってみたかったのはtransix(DS-Lite)からMAP-E(V6プラス)に変えてみたかったが、この場合ルーターを書き換えるだけだと駄目らしくプロバイダに言って解約してから次のプロバイダみたいな手続きが必要らしく日数も1日位かかるらしく、頻繁に切り替えができないらしい。

それなので現状のtransix(DS-Lite)でルーターを数種類変えながら実験してデータを取りたいと思ったが、どのルーターもwifiの機能ばかりうたっており、肝心なWANのスループットやCPUの仕様が書いていないので上位機種との違いがwifi以外の部分が全然分からず困ってしまった。
ただ唯一YAMAHAのルータはwifi機能が付いておらず安定しているらしくちょっと興味があったが、基本コマンド入力らしいのでちょっと敷居が高い。手順通りやれば良いのだろうが、そもそも手順通りがよくわからない、この手のマニュアルはこんなのわかってるだろ的な感じでコマンドしか書いて無く、俺くらいの素人だと何処からコマンド打つのかとか細かく出ていないのが困る所、GUIでもそこそこ設定できるらしいがとりあえず買ってみないことには分からないがそもそもYAMAHAのルータは値段が高く試しに買うにはちょっとという感じがする

ということで現状のAterm WG1200HS3を見るとシングルCPUと書いてあり、一個上の機種からデュアルCPUらしく、個人的な感覚だと上位機種も同じCPUだと思うのでとりあえずデュアルCPUのAterm WG1800HP4でも買って様子でも見たいと思う




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック