ポケットシンチレーションカウンター最高峰ゲット

ずいぶんと時間が掛かったが、ようやく最高峰のシンチをゲットできた
ヤフオクで去年10万程だったが、今年それより安くポロッと出て慌ててはいないが安くなるまで待っていたら丁度買いたい値段になったので落札。早速手持ちの機種で比較してみた

やはりPDR-111、新品価格で30万弱するだけあって即計測できて感度も高く平均も出る。ホットスポット探しに最も適している気がする。その次はGammaRAE II R、こいつは電池が長持ちするが、ちょっとしたホットスポット探すには少々時間がかかるが、0.1usv/hを超えるような場合はわりと反応が速い、その次はradi pa1000、これは35秒で数値がでる、その前でも音は出るのでまぁおおよその数値はなんとなくわかる。そしてこの中で一番かったるいのがMr.ガンマこいつは数値出るのに1分も掛かる ブザーは鳴るのでこれも高いか低いかの判断は可能だが、バージョンアップされ、ブザーボタン長押しで鳴るようになったが、押す時間が長くないと違うモードに行ってしまうのでめんどくさい。しかしmr.gammaの真骨頂はケーブルを指して核種の判別ができる事ができるのが最大のメリットというか普通の人はやらないと思うが、鉛の中に入れて食品等おそらく2時間で100ベクレル位は判断できるんじゃないかと思う(前やっていた)
ということで百聞は一見にしかずということでPDR-111を買ってみたが、想像以上に使える機種ということがわかった
なんで最初からこれを買わなかったのか悔やまれるが、そもそも売ってなかったし、超高かったのでようやく庶民に手が出せるにはこのくらい時間が掛かるということで自分自身納得して今後愛用して行きたいと思う
これに近かったのはガンマスポッターだったような気もするがあれはちょっと感度が足りないのと大きいのとバッテリーが単4、2本なのと数値がブレブレだったのが問題だったが、今だったら3万ならまた買い戻してもいいかなと思う(これもレアでここ数年見ていない






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック